しばらくはストックされている体験を回想録として書いていこうと思います。
もちろん実際にお店に行った時は、そっちのホットな情報を優先して掲載します。
が、まぁ今月下旬までは無いかな?懐具合と時間の問題で。
 

  • 店舗名:Bazu-ca(バズーカ)
    公式サイト:http://www.bazu-ca.com/
    週刊エステ:http://www.fues.jp/store/1453432415/
  • 評価:
    総合満足度  ★★★★★ 3.5(最高5)
    セラピスト総合 ★★★★★ 3.0(最高5)
     ビジュアル ★★★★★ 2.5(最高5)
     ※おっさんの好みが基準
     攻撃力 ★★★★★ 4.2(最高5)
     ※キワの攻め込み度
     エロ感 ★★★★★ 4.0(最高5)
  • 場所:
    池袋西口(メトロポリタン口)から徒歩5分
     
  • 訪問日:
    2016年1月某日
     
  • 訪問回数:
    初回
     
  • コース:
    英国式リフレリンパストレッチドレナージュ 90分
     
  • 料金:
    13,000円(通常15,000円・週エスの超割で2,000円引き)
    入会金なし(料金設定なし)
    指名なし(通常1,000円)
     
  • ショーツ:
    普通のTバック
     
  • セラピスト:
    Mちゃん(何人かいますね。。。)
    ウェブサイトの衣装通り、白のミニワンピ。
     
  • 施術室:
    マンションタイプ
    6畳くらいの和室(他、2部屋くらいあるっぽい)
     
  • 施術台:
    非常に低いベッド
    頭の上にカガミがありますが、まったく役に立ちません

おっさんのメンズエステ2件目となるお店です。
どうやらまだオープン間もない店舗のようです。

電話をすると落ち着いた男性が対応。初来店である旨を伝えると丁寧に料金の説明をしてくれました。
予約をして、指定された時間に指定された場所から再度お電話。
案内された場所につくと、駅からほど近いタワーマンション。
この後から今まで数件のメンズエステに行くわけですが、ここが一番駅から近いです。

さて、最上階に到着しチャイムを。Mちゃんがお出迎え。
小柄ですが、ちょっとムチッとしたスタイル。顔立ちはアジアンチックな一瞬「?日本人?」という感じですが、話すとちゃんと日本人のようです。
詳しくは聞かなかったですが、たぶん東南アジア系のハーフとかかもしれないです。
可愛らしい顔立ちですが、純日本人顔が好きなおっさんとしてはちょっとガッカリ
 

 

Mちゃんから自己紹介を受けてお茶をもらうと、シャワーへとご案内。
リビングのようなスペースを抜けシャワーへと。
ちなみに、このリビングスペースの奥にキッチンがあるようなんですが、カーテンが掛かっていてスタッフが居る模様。受付の電話対応もここからやってるみたいです。
ちょっと人のいる雰囲気がアリアリなのが嫌というか無粋な感じです。

浴室は広くてキレイ。タオルを掛ける場所がグラグラでしたが。
ささっとシャワーを浴びて、Tバックタイプのショーツを装着。あのリビングを通るのか、と思いながらもMちゃんが手を引いてくれるのでちょっとウキウキです。

部屋に到着するとまずはうつ伏せ。
指圧が多少ありますがレポート的にはスルー。ちなみに普通です。

いよいよ期待のオイルさん登場でーす。
と、初っ端からMちゃんの素敵な技が繰り出されます。
お約束通り足からのオイルマッサージですが、ポジショニングがステキなのです。
うまくお伝えできるだろうか?

急にオイナリサンからお竿さんが弄られる感触
いったい何が起きたのか?

解説しよう!
足裏、ふくらはぎのマッサージの際におっさんの太ももに跨がり後ろ向きに座ります。それだけでもアソコの感触が太ももに気持ち良いんですが、Mちゃんが膝立ちのような形で太ももに跨るわけです。
分かりますか?Mちゃんの片方の足はおっさんの外側に、もう片方は内側に。

そう!
おっさんの股間に向けて片方の足を差し込んでくるわけです

いきなりのオイナリサンへの攻撃が加えられたわけです。
うつ伏せのおっさんは一瞬何が起こったのかわかりませんでした。
この攻撃は何とも言えない感触です。

しかもMちゃん足の指先をゴニョゴニョと動かすんです
腰が浮いちゃいますよねぇ

「どうかしました?」とその反応を楽しみながら言うMちゃん。
「いろいろ気持ち良すぎます」と素直なおっさん。

両足をこんな感じで終了。
序盤から期待と股間が膨らんでしまいます。

その後、背中をちゃちゃっと終わらすと、カエル足です。
ついに諸先輩方のブログでも見ていたカエル足を初体験です。

なるほど!これか!
と感動しながら、Mちゃんのキワッキワの攻めっぷりにおっさんは圧倒され、愚息は感動の涙を流し始めました。

いや、Mちゃんエロいっす。事故り方とかエロいっす。
オイナリサンからお竿さんの周囲を縦横無尽に、時には紙ショーツの上を通り抜けていくお手手と指先。
しっかりとした意志が感じられますw

そんな素敵な感動のカエル足の時間も惜しまれつつ終了。
仰向けコールです。
こちらも足から。ただ、仰向けの時はさすがに最初の体勢ではなく、普通に足をスリスリ〜っと。
太ももまで上がってくるとパンパンな紙ショーツの周囲を優しくさわさわ、手が下るときには紙ショーツの上をツツーっと通過していきます

おふぅ。。。

おっさんがキモい声を発してしまいます。。。
そんな足全体のマッサージを完了すると、おっさんの足の間に座って下腹部から胸部、デコルテへとおっさんに覆いかぶさりながらのマッサージ。
おっぱいも豊かなMちゃんの感触を楽しめます。

そこからティクビいじりを始めるMちゃん。
毎度ながらおっさんはすぐに弱点を見抜かれてしまうようですw
ビクビクする紙ショーツを見ながら「気持ちいいんですか?」といたずらっぽく言うMちゃん。
「うん」と恥ずかしそうに答えるキモおっさん。

すると、Mちゃんがおもむろに紙ショーツのゴムに手を
期待すると、なんと両側からゴムを引っ張って遊びだす。おっさんの愚息は完全にフルパワーで起立しているので頭が引っかかり脱げることはない。

その状態で、両方のゴムを引っ張って愚息を自由自在に左右上下に揺さぶるMちゃん。
なんちゅう技を繰り出すんや!と思いつつ、弄ばれることによる快感を味わうおっさん。

そんな技とティクビいじりを交互に味わっていると「最後に膝枕しますね」と終了予告。
終わりかと思って膝枕をしてもらうと、覆いかぶさるようにデコルテから下腹部へのマッサージがまた開始されるという、嬉しい誤算
またティクビと紙ショーツ周囲のサワサを。そして覆いかぶさるので、豊かなバストがおっさんの顔面に乗っかってきます。

これはと、ついついおっぱいタッチ。怒られない。
ということで、手を頭の方にあげておしりにもタッチ。

軽くなでなでさせていただき、ちょうどお時間に。

さっとオイルを拭いてもらいシャワーへと。シャワーを上がって、少し世間話をして玄関までお見送り。
寒いながらも色々なところがホットになって帰路についたおっさんでした。

施術はかなりレベル(エロ)が高いです。
顔が好みじゃなかったのと、話し上手じゃなかったのがちょっと残念。

でも、全員こんな施術だったら。。。
と、他のセラピストさんにも入ってみたいと思ってしまいました。