訪問はしてたんですが、あまり本業が忙しく書けてなかった。。。
色々あって、どう評価すべきか悩んだ挙句の評価です。
 

 

  • 店舗名:
    いやし処 螢屋
    公式サイト:http://www.hotaruya.net/
    週刊エステ:http://www.fues.jp/store/1446193937/
  • 評価:
    店舗総合 ★★★★★ 2.9(最高5)
    セラピスト総合 ★★★★★ 2.8(最高5)
     ビジュアル ★★★★★ 2.5(最高5)
     ※おっさんの好みが基準
     攻撃力 ★★★★★ 4.2(最高5)
     ※キワの攻め込み度
     エロ感 ★★★★★ 3.5(最高5)
  • 場所:
    池袋北口(メトロポリタン口)から徒歩7分
  • 訪問日:
    2016年6月某日
  • 訪問回数:
    初回
  • コース:
    90分
  • 料金:
    13,000円(通常15,000円・週エスの超割で1,000円引き・ホイップクリームオプション+1,000円)
    入会なし(システムとしてナシ)
    指名なし(通常1,000円)
  • ショーツ:
    横スカTバック
  • セラピスト:
    Mちゃん
    サイトに掲載している衣装と同じ。
  • 施術室:
    雑居ビル?マンション?店内に複数の施術室。
    コンセプト通りなので和室。
  • 施術台:
    マット。
    マット脇に横置きのカガミ有り。あまり使わない。

さてさて、ここも気になっていた店舗。
ちょっと下がパレオってのは衣装的にあまり好みじゃないんですが、和の雰囲気のお店ってのは行ったことなかったので、そのあたりも気になってました。

ま、予約のプロセスは省きますw
電話受付は至ってシンプルで、男性が丁寧に案内してくれました。

予約時間に合わせてお店のあるビルへと。
風俗ストリートでもある、ときわ通りをずいずい進みます。意外と遠かったです。

チャイムを鳴らすと、旅館の番頭?下足番?みたいなおっちゃんが。
なんかあんまりないパターンなので「へっ」と思いましたね。
店内はサイトにもある通り、茶屋街(金沢はしらんけど、京都とかその他の茶屋街っぽい雰囲気はありました。その辺は頑張ってるっぽい)的な作りこみ。

和室に通されるとそのおっちゃんから料金とかの説明。
ここでオススメとのことでホイップクリームのオプションを選択。
料金を渡すと、お釣りとともにセラピストが登場。
Mちゃん。うん、ちょっと太ましいですかね。。。
ビジュアルとしては、LiLiCoを若くしてもう少し柔らかい雰囲気にした感じ?
えっと、つまりはおっさんとしては好みじゃなかったです

ということで、ちょっぴりテンションダウンしながらも施術スタートです。
ちなみに、おっさんは好みじゃなくてテンションダウンしていても、それを全く表面に出すことはありません。

そぅ、そしてここは横スカTバックです
おっさん、初体験に期待と股間が膨らみますね

施術はまずは脹脛からスタート。オーソドックスです。
おっさんの足はMちゃんの股ぐらでホールドされます。太ももではなく完全なる股ぐらです。
足からサテン地のインナーの感触が伝わり心地いいです

マッサージ自体はそれなりにしっかりやってくれます。
そこから太ももが終わると、うつ伏せカエル足です。
けっこうガッツリと腕を入れてきます。そして、引き抜くときにはアナルっちをサワサワと
おっさんはビクビクしてしまいます。

そして、やはり横スカTバックならではという楽しみが。
このカスリ具合ですよね。いいですね。ゾクゾクします
この横スカならではの感覚を堪能しつつ、カエル足が終了。

そして、背中を泳ぐようにマッサージ。
ちょっと太ましいですが、Mちゃんはおっぱいちゃんでもあるので、覆いかぶさってきた時の感触は悪く無いです。

背中が終わると仰向けコール。
こちらも足からスタートです。

仰向けではすぐに鼠径部へと移動。
このMちゃん、エロいという雰囲気ではないのですが、かなりいたずらっこな感じで、たぶんドMちゃんだと思われ、ご奉仕したくてしかたない系の子です。

鼠径部の攻め方がエグいw
おっさんがビクビクすると嬉しそうに。おっさんが感じて声を漏らすと嬉しそうに。
そんな子です。

いったん鼠径部を離れ横に添い寝の状態でデコルテ、下腹部のマッサージへと。
デコルテではティクビちゃんを弄ばれます。
おっさんが気持ち良さそうにしてると
「あ〜、やっぱりMでしょ?お尻(アナルっち)触った時の反応でそう思ったんですよ〜
とのこと。
はい、おっさんはMです

添い寝状態で、豊満なおっぱいちゃんを横から押し付けられながら、ティクビをしばらく弄ばれ、その間も鼠径部もちょいちょいスリスリとしてくれます。
< br />しばらくすると、ふたたび鼠径部へと。
先ほどはおっさんの足の間に座った状態でしたが、今回はおっさんの足を少し閉じ気味にして、おっさんの太ももの付け根くらいに跨って鼠径部をスリスリと。

あの、これ素股ギリギリなんですけど。。。
もぅね、事故とかなんというか、横スカの鼠径部をスリスリしながら、下腹部をマッサージして、亀頭ちゃんにも当たります。紙ショーツをめくって中を覗くフリをしたり。
好きなんでしょうね、きっと。
快感度という意味だけでいえば、とても気持ちいいんですけど
事故ってるというより、もはや握ってる?くらいの勢いです。手コキかょ!と。

そして、最後の10分でオプションのホイップクリームです。
「時間もったいないし、ダッシュで泡作ってくるね」と、良い子です1分ほどクリーム作りに部屋を離れます。

で、もこもこの泡を入れた桶(洗面器)を持って再登場。
これを紙ショーツの上からたっぷりと。そして、紙ショーツの脇から、上からと中にも詰め込んできます。これだけでも何か心地いい感じがします

そのクリームを使っての鼠径部。
体制は先ほどと同じです。もはや素股と変わらん。。。やばいですね
性的な意味での快感はマックスです。
意図的にイかそうとしての技ではないと思いますが、Mちゃんいわく「う〜ん、イッちゃう人もいるね。でも怒られるからしイクときは、素知らぬ顔でイッちゃってくれれば」と。

おっさんも実際やばかったです。
嘘です。実はおっさんも果ててしまいました(恥

そう、これなんです。
書くのを悩んだ理由。こうなってしまうと、アクシデントとはいえ風俗と変わらなくなってしまう。
ただ、やはり事実をお伝えしないと体験談としてはアウトだと思うので、思い切って書くこととしました。

ですが、評価としてはイッてしまったということは度外視しての評価としています。
これを「ヌいてもらえた」という評価にしてしまうと、今までの他の評価と軸を比べて色々ブレるので、その点は完全に評価外です。

おっさん的にはビジュアルとマッサージでのギリギリのせめぎ合い、ダメというところでのオイタの挑戦などがメンズエステの醍醐味だとおもってますので、その辺りでの楽しめたかというところを今まで通りのポイントに分けて、従来通りの評価としています(そのつもりです)。

逆に今回はこの思いが強くて厳し目の評価になったかも?

そんな感じで今回の評価は見ていただければと。
ちなみに、Mちゃんの口ぶりだと他のセラピストとは施術がかなり違う可能性があるし、パネルでも気になる子はいるので、別の子で再訪してみようとは思ってます。

いろいろ初物があって書くのに悩みました。仕事より脳みそフル稼働させたかもw