ここはメンズエステなのかリフレなのか?
不思議な立ち位置のお店ですね。いろいろな意味でワクワクしながら訪問してみました。
 

  • 店舗名:
    池袋素人エステ Cherim boat(シェリム ボート)
    公式サイト:http://www.cute-esthe.com/top/
    週刊エステ:http://www.fues.jp/store/1394431950/
  • 評価:
    店舗総合 ★★★★★ 2.8(最高5)
    セラピスト総合 ★★★★★ 2.6(最高5)
     ビジュアル ★★★★★ 2.8(最高5)
     ※おっさんの好みが基準
     攻撃力★★★★ 1.8(最高5)
     ※キワの攻め込み度
     エロ感 ★★★★ 1.5(最高5)
  • 場所:
    池袋西口から徒歩5分
  • 訪問日:
    2016年7月某日
  • 訪問回数:
    初回
  • コース:
    リンパ2倍コース 80分
  • 料金:
    13,000円(通常15,000円・事前予約で2,000円引き)
    入会なし(なし)
    指名なし(通常1,000円)
  • ショーツ:
    横スカTバック
  • セラピスト:
    Yちゃん
    衣装はセーラー服。
  • 施術室:
    リフレのような小部屋。完全個室ではなく上が空いているタイプ。
    入り口はカーテン。シャワーはない。
  • 施術台:
    マット。
    カガミなどはない。

実は予約していた渋谷の某店から残念ながらセラピストさんが急遽欠勤という連絡が
その後、渋谷で探そうかな?とも思ったんですが、なかなか見つからず、池袋方面に向かいながらTwitterで空き状況などをチェック。
で、このお店のTwitterで空いてるっぽい情報を発見

まぁなんというんでしょうか、カワイイっぽいなぁ、とロリビジュアルが好みのおっさん的には気になっていながらも、サイトを見てもどうにも怪しいので避けていたんですよね
いや、何て言うんですかね、ハズレのデリヘルサイトっぽい雰囲気が溢れてるんですよね。
デリヘル利用経験も豊富なおっさんの直感です。

とは言え、やっぱり気になるので予約を。
電話に出たのは男性。調べてみると、どうやら「豚さん」と言われるリフレ方面では有名な店長さんのようですね。
物腰の柔らかい丁寧な対応でした

店舗に到着すると、その豚さんが対応。システムの説明をしていただきコースを選択。
しばらくすると部屋に通される。

こ、これは。。。以前に初めて行ったリフレと同じ感じ。
マットより少し大きなスペースの部屋というか囲いというような。入り口もカーテンの仕切り。
「つまり、ここはリフレ店なのか?」と思いつつ、女の子を待ちます。

すると「失礼しまぁ〜す」と、Yちゃんが登場。
うむ、太ましいですね。「うわ、デブやん」という程ではないです。
ただ男性から見た場合の、ぽっちゃり、とかの範囲は超えてました
顔だけ見ると可愛らしいですが、やっぱり太ましい感じがお顔でも分かる感じです

すると、Yちゃんのオプションメニューと紙ショーツを渡されて
「着替えてくださぁ〜い、外で待ってます」と。

リフレ店かと思ったところで紙ショーツ。しかも横スカタイプ
「ん?やっぱりリフレ店じゃないのか?でもシャワーは無いのか?」
など、少々混乱しながらも、紙ショーツ1枚に。

横スカってやっぱり期待が高まっちゃいますよね

着替えてYちゃん再入室。
うつ伏せからスタートします。

スリスリ。さわさわ。スリスリ。さわさわ。・・・

何も起こりません
むぅ、何だろうこれは?マッサージ?いや、マッサージという程でもない。
ひたすらスリスリと擦るのみ。
パウダーを振ってスリスリと。
当然ながらカエル足もありません
カガミなどもないので、ビジュアル的な楽しみもないです

何も起こらないまま時間が過ぎていきます。
すると「リンパやるので仰向けになってください」
との声。

待ってましたとばかりに素早く仰向けにw
すると、「オイル使いますね」と。

期待してます
という返事はしないものの、きっとおっさんの表情ははっきりと物を言っていたと思います。

そんな声にならない期待は完全にスルーされてしまいました。
これまたさほどキワにも近寄らず、鼠径部の事故らない安全なところをスリスリと。
延々とそんな感じ。
横スカタイプなのでもちろんたまに掠ったりはするものの、本当に稀です。

むぅ。。。むむぅ。。。
切ない、切ないぞ

そうだ、オプションがあるじゃないか
と、メニューに目を通すも魅力的なものが見当たらない。
お店に向かう道すがら、短時間でチェックした中では「ロデオ」というオプションが非常に気になっていたが、どうやらYちゃんにはそれが無いようだ

仕方なくこのまま時間が過ぎるのを待つ。
時間になりました、と。

くっそー、直感は正しかったか!
と、思いながらお店を出ようとしたところで、出勤してきたと思われる女の子とすれ違う。
これまためっちゃ美少女

「次はないな」と3秒前まで思っていたが、次はあの子でと既に心変わりたおっさんでした。
いや、あの子なら再訪する価値ありありっす

ということで、今回自信を持ってお伝えできるのは、めっちゃカワイイ子がいるのは間違いないということですw
(少なくとも現時点では)