おっさんのメンズエステ体験記
BiSH

突然ですが、BiSHについて

さて、サイトのリニューアルというか移転というか、何とかひと通り完了しました。
そして、それに合わせて「BiSH」というカテゴリを追加しております。

で、これ、何かというと単純に今おっさんがメンズエステと同じくらいスキなアーティストです。
ということで、このあたりのネタも色々書きたいなぁと思って何とな~くカテゴリ作ってみました。

かんたんにBiSHの説明をば。
「新生クソアイドル」(Brand-new idol SHit:BiSH)というふざけたキャッチコピーでインディーズ活動を始めると、1年くらいでメジャーへと駆け上がる。
メジャーはavexからなんですが、このキャッチコピーではavexさんに失礼だということで現在は「楽器を持たないパンクバンド」というキャッチコピーで活動してます。
えっと、あとはWikipediaさんにおまかせします。

まぁ、色々ふざけてますが、音と歌はかっこいいです。
やってる子はカワイイです。
おっさんの推しメンは「モモコグミカンパニー」ことモモコです。

そう、皆さんご存知の通り、おっさんロリ顔スキなんでw
ちなみに、このBiSHですが業界のあちこちから評価が高く、特にメインでボーカルを取る「アイナ・ジ・エンド」の声が凄いです。
圧倒的な存在感があります。力強くて儚くて。
でも、個人的にはモモコの声がおっさんはとても好きです。これ、別にビジュアルがどうこうではなく、純粋にモモこの声質が好きです。
なんだろう、このタイプの声ってスキなんですよね、誰かわかりますかね?

ま、それは置いておくとして、ホントこの子らの楽曲良いんですよ。
おっさん世代(現在40歳前後)はけっこうスキなんちゃうかなぁ?と思ってます。
ジュディマリっぽくもあり、ポップでもあり、青春パンクっぽくもあって、おっさんホイホイ的な部分を持ってるなぁと。
そこに昨今のアイドル、ヲタク、という要素をふんだんに盛り込んでいて、くっそふざけているように見えて実はとても良く練られているアーティストではないかとおっさんは思ってます。

そんなこんなで、年甲斐もなくホント久しぶりにファンクラブというものに入ってしまったわけです。
なので色々と書きたいことも増えるだろうなぁ、ということでカテゴリを作りました。

とりあえず、紹介としてYoutubeにあがってるLIVEを2本ほど貼っておきます。
2016年9月に日比谷の野音でやったやつですね。おっさんは行けなかったんですが、近くで仕事だったんで音漏れ聞きに30分ほど行きましたw


オーケストラの方はココまでのBiSHの波乱万丈や歩みを知っていると、何度見ても泣けてきますね。
おっさんになると涙腺が緩くてしゃーないですなw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です