おっさんのメンズエステ体験記
メンズエステ雑事

まとめ:和テイストなメンズエステ店

はい。ということで「メンエス研究会」と銘打って新しいコーナー的な記事を投入していこうと思います。
まぁ内容としてはメンズエステには色んなコンセプトのお店があるので、それを分類して紹介していこうというものです。
まず手始めにおっさんがスキということもあって「和テイスト」というテーマです。
ざっと探してみたら、意外と少なかったですね。

いやし処 螢屋(池袋)


おっさんも2回ほど行って体験談を書いているお店です。
コンセプトは小京都と呼ばれる金沢の「ひがし茶屋街」をイメージしているとのこと。
店内の内装にはこだわって雰囲気を作っていて、非日常的な空間は良いですね。
ちなみに衣装は浴衣などではないです。

おっさんの体験談はこちら。
いやし処 螢屋 2回目:池袋
いやし処 螢屋 初回:池袋
いやし処 螢屋:詳細はこちら

螢屋別館 わびさび(高田馬場)


名前の通り、先に紹介した「螢屋」さんの別館です。
店内の内装の様子やセラピストさんの衣装、料金体系も一緒。。。と思いきや別館の方が1,000円高い。
この金額の差は何なんでしょうね?立地なのかなぁ?
衣装は螢屋さんと同じと思われます。セラピストさんは店舗ごとっぽいですね。

螢屋別館 わびさび:詳細はこちら

帝(みかど)(五反田)


気になって気になっていながら、まだ行けてないお店です。
お店の中の様子は掲載されてないので分かりませんが、衣装がカワイイです。


この衣装めっちゃ気になります。実際はこの衣装で施術するのかどうか分かりませんが。
そのうち突撃したいと思ってます。

帝(みかど):詳細はこちら

かんざし(五反田)


帝(みかど)と同じく、五反田にあるお店です。
サイトに掲載されてる写真を見ると、螢屋さんよりも内装をガッツリ和風に作り込んでる感じです。


衣装は螢屋さんと同じような感じですね。
和テイストだとやっぱり似てくるんですかね。

かんざし:詳細はこちら

いとをかし(東京)


東京駅(というより京橋駅ですね)のお店です。
同じ系列と思われる品川にあった「ありをりはべり」に行こうと思ってたんですが、先日チェックしたらサイトがなくなってました。。。
サイトの説明に
浴衣を着た撫子達がオイルやパウダーマッサージでお客様の癒しのお手伝いを致します
とあるので、きっと施術時は浴衣だと信じてます。

いとをかし:詳細はこちら

天音-AMANE-(新橋)


老舗なのかな?けっこう年季入っていそうなお店。
このまとめをやるために調べて初めて知ったお店です。
セラピストさんのプロフィール写真が良いですね。


やっぱりこの浴衣がはだけた感じって良いですよね。キライな人っているんですかね?
施術時はこの衣装なんだろうか?たぶん、違うんだろうなぁ。

天音-AMANE-:詳細はこちら

銀庭(池袋)


これまた池袋では老舗ですよね。とは言え、おっさんはまだ未体験ですが。
店内は和の雰囲気になってるっぽいですね。
老舗だと、今さらおっさんが行って体験談書いてもなぁ。。。と思ってついつい行かなくなっちゃいます。
ちなみにここも衣装は螢屋さんみたいな感じですね。

銀庭:詳細はこちら

まとめ的なヒトコト

えっと、やっぱり和装と言うか浴衣女子ってイイんですよね。
たとえ露出が少なくても、少しはだけてるだけでとてつもなく艶っぽくてスキです。
そういうのって良くないですか?
浴衣がはだけてるのに、テンション上がらないなんて日本男児じゃないですw
なので、できれば浴衣的な衣装だとおっさんは嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です