おっさんのメンズエステ体験記
BiSH

BiSHメンバー紹介:セントチヒロ・チッチ

皆さん興味ないのは分かってますが、やり続けますw
ということでBiSHです。(そんなヒマあるなら体験談書けや、ってのはごもっとも)

おっさんは仕事の都合で参戦できなかったんですが(クッソ後悔してます)、幕張での単独LIVEも大成功。
7,000席を見事にSOLD OUT。めっちゃ盛り上がったようです。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで成長し続けるBiSH。
今回はそんなBiSHを率いるキャプテン「セントチヒロ・チッチ」の紹介です。

さっそくパーソナルデータをば。

セントチヒロ・チッチ Profile
名前 セントチヒロ・チッチ
愛称 チッチ
誕生日 5月8日
血液型 AB型(たぶん)
担当 見た目は真面目、中身は悪女 これでも彼氏は2人まで
推しの名称 キャップス(チッチキャップス)


モモコの紹介のときにも書きましたがBiSHは全員年齢は非公開です。
たぶんチッチはちょうど20歳くらいじゃないかと。

チッチの担当は「見た目は真面目、中身は悪女 これでも彼氏は2人まで」ですが、元々は「僕の妹がこんなに可愛いわけがない」でした。
アユニ・Dが新加入した時点でその担当を奪われ今の担当になったんですが、今の担当の方が似合ってると思います。

そしてチッチもモモコに負けず劣らず自撮りが上手いです。
チッチも自分のカワイイ写り方を確実に知っています。
BiSHの中でも圧倒的にTwitter中毒系です。

ちなみに、あくまでおっさんの好みですが、チッチのビジュアルに対してまったく興味がありませんw
正直なところ普段のチッチに「カワイイ」と思ったことないですねw
特に最初の印象は「めっちゃ特徴的な顔してる子やなぁ」くらいです。(キャップスの皆さんに怒られそうですが)

ただ、LIVEを見たら一気に印象が変わりました。
LIVE中のチッチはすげーカワイイです。
そして、同時にめっちゃ艶っぽくなります。


ちょっと前のプロフィール写真(いわゆるアー写)。

直近のプロフィール写真(いわゆるアー写)。

いい表情してます。

これもなんか好き。

プロフィール写真と比べるともはや別人です。

これ、めっちゃかっこよくて好きな1枚。

やっぱり歌ってる時の方がチッチはカワイイ。

実はチッチはBiSH加入前に「強がりセンセーション」というインディーズアイドルに所属。
ということもあってなのか、天性なのかは分かりませんが一つ一つの動きが一番アイドルっぽいです。
他のメンバーと同じ動きをしても「アイドルっぽさ」がより濃く出ます。
単純な振り付けなほど、より一層その差がはっきり出ます。
※アイドルっぽさと言うとちょっと安っぽいかもですが、まぁカワイイってことです。同じ動きなのに、可愛さマシマシな感じです。

そして、これはきっと持って生まれた性分だと思いますが「自分が一番になりたい!」という欲の強さ。
こういう職業の人にはとても大事な思いを強く持っています。
それ故、一番意識も高いんじゃないかと思います。

また、これは完全におっさんの勝手な想像ですが、きっとチッチはLIVEに快感を覚えるタイプ。
いやアーティストなら当然かもしれませんが、チッチの場合は性的な快感とLIVEの快感がイコールな気がする。
ほんとキャップスの皆さんに怒られそうですが、LIVE後のチッチはきっとパンツ濡れてると思います。
おっさんはモモコ組ですが、BiSHの中で一番エッチしたいのはチッチですw

こういう表情とかめっちゃ艶っぽい。

こんなのとか。
ホント勝手ですが、この辺とかエクスタシーな感じです。

ちょっと紹介がビジュアルとかに寄り過ぎましたが、ボーカルもスゴイです。
BiSHの中ではアイナと双璧をなすメインボーカル。
アイナのハスキーボイスとは対照的で、すごいクリアで力強い声。
表現が正しいか分かりませんが「少年のような」声というイメージです。

アイナと並んで歌割りが多いチッチですが、ここのところアユニ・Dの歌割りがかなり増えてきてます。
前述の通り「一番になりたい!」って欲の強いチッチ。
危機感を覚えたのか、ここのところより一層ボーカルに磨きがかかってるように思います。
コレも勝手なおっさんの印象ですがクリアなところはそのままに、力強さが増してると感じてます。

あと最後にもう一つ。
チッチは清掃員の上を歩きますw

BiSHはLIVEでけっこうダイブするんですが(リンリンが多いですかね)、歩くのはチッチだけですね。
清掃員との絆というか何というか。
最初見た時のインパクとはすごかったです。


歩いてます。

清掃員は支えてます。

別のLIVEでも。

1フレーズ歌い終わって崩れ落ちて。

ステージまで運ばれていきます。

これは感心しません。
やめて欲しいですね。信頼関係があってこそのこのパフォーマンス。信頼を失うようなことはやめて欲しい。
ちなみに、このシーンはBlu-rayではカットされてましたね。

こんな意識高く、ファンとの絆も強いキャプテンのセントチヒロ・チッチ。
BiSHのメンバーを率いて、どこまでも駆け上がってほしいです。

ということで、結局かなり長くなりましたが、セントチヒロ・チッチの紹介でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です